FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラム第五回 : SCにおける運

今回で一応5回目らしいということで回数表記復活。
あと何回書けるかは不明だけど。

さて今回の内容について。
SCにおける運要素である。
まず結論を言うと、運要素は全くないとは言えないが基本的には腕で補える範囲である、ということだ。

実力が上がるに連れて運の要素が少なくなっていくということもある。
これは、実力が不足している時におこる偶然的な部分が消えるからだ。
(例を上げると 同数の爪がぶつかり合ったときにどちらが勝つかということ。
これは操作ができないと運、偶然にまかせるしかないが実力が上がると操作で変わる。)

なので今回は運が悪かった、というような考え方は自分の実力が不足しているということと同義である。

せいぜいが最初の偵察で見つけられるか、といったようなことに運の要素は集約されるが
これもまた、相手をどのタイミングで見つけられたかに応じて自分の戦術や戦略を変更できるかという
選択肢の幅が求められることになるので運だけで片付けるには少し問題がある。

後は読みという部分に帰結する。
これを運というかどうかは人によると思う。
相手が何をしてくるか、ということを予測する能力である。
しかし注意して欲しいのは、相手の行動を見た上でその行動によって経験から来るような予測法による読みと
相手のことを全くわかっていない状態で予測する読みとがある。

前者は相手の状況を把握した上でどのように相手が動くかを見極めるものである。
これは戦術のパターンをほぼ全て知った上で相手の行動からそのどれが当てはまるかといったものなので
完全に実力によるものになる。
後者は、単純な偵察不足から来る状況と、偵察ができないという部分になる。
偵察不足のほうは完全に実力になる。
自分が偵察をやり忘れてる場合は当然のこと、
相手が偵察をさせないように行動していた場合などは相手の上手さを褒めるべきである。
偵察ができない場合というのは本当に極僅かである。
相手が4poolなどという速攻オーダーを選択してきた上に、偵察が間に合わなかった場合である。
しかしこれも、相手が何をしてきそうかという予測や、その後のワーカー操作で補えなくはない。


他にも運が悪かったという形で片付けられそうなのが輸送機が落とされるかというのもある。
たまたま相手のユニットに鉢合わせてしまうという形で落とされるということなどだが、これもまた運ではなく実力になる。
上級者はしっかりと常に輸送機を見ながら相手のユニットがいた瞬間に反転し、逃がすということもできる。
他にもTの場合は移動経路をスキャンで確認しながら輸送を行うといったことをする。


だんだんと言いたいことがぐちゃぐちゃになってきた感があるのでそろそろ終わらせようと思う。
要はSCに置いて運という要素はほとんどなく、腕が未熟なほどに博打要素や偶然要素が増えるということだ。


初心者相手に4poolなどをして失敗した挙句「SCはギャンブルだから(キリッ」などという輩は
さっさとSCを引退したほうが本人もためでもあり周りにもいい。
最後の文章を書きたいがためにこんな文章を書き連ねた俺もいろんな意味で終わってるがw

~~追記~~
リスナーがいい言葉を言ってたのでそれを。

勝ちに不思議の勝ちあり
負けに不思議の負けなし

これは本当にいいね。
勝った場合は運がよかったってのを戦略とかが上手く当てはまったっていう意味や謙遜的な意味でいうのはよくあると思う。
だけど負けた場合に運が悪かったっていうので片付けちゃうと上達しなくなる。
しっかりと原因を探って修正することこそが一番伸びるね。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

nazomen

Author:nazomen
StarCraftに関する日記を書いていく予定です。
大半が愚痴とかぼやきで埋め尽くされるかも。
稀にHPに載せれるほどまとまってない戦術に関することとかも書くかもしれない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。