スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Protoss 1GW expoオープニング

2014年1月現在nazomenがラダーで使用しているGW expoのオーダーを書いておく。
これはラダー用に偵察をしっかりしていき対応をしやすくできるようにしてある。


基本オーダー
9/10 pylon
11/18 CB
13/18 CB GW(このGWを建築したprobeで偵察)
14/18 gas
16/18 pylon CB
18/26 core
21/26 Nexus Mcore CB

ここまでが基本形となる。
CBは全てNexusにかける。
最初の3回分のCBはできるだけ早くかけるが、4回めのCBはMcoreにではなくprobeの生産に使ってもいい。
ここまではvsT,Z共にほぼ同じ形で問題ない。
ここから少しだけだがTとZ相手の流れも書いておく。
偵察に関しては筆者がラダー用に安全策をとるために行っている方法を記述する。


vsT
coreの建築を開始したらzealotの生産を開始する。
これは2nd予定地にE-bayを建てられた場合やSCVの妨害が続いてる場合は作る。
しかし、特に妨害がないようであればzealotの生産を途中でキャンセルし、より早くNexusの建築を開始したい。

最初のガスだが、Mcore→Stalker→WG開発の順に使用する。
core完成時にはガスが150程度しかないのでWGの開発を一番最後に回すのがポイントである。
その後、pylon gasと建築を行う。
ユニットの生産は最初にstalkerを作った後は2,3体目のstalkerを作るやり方やsentryを出していくやり方がある。
これはこの後のオーダーや自身の好みに応じて使い分けていこう。
その後の流れに関してはforgeを建てるなり、SGやTCに向かうのも好きに組んでいける。
どのオーダーにも言えることだが2ndが完成したら出来る限りCBをprobe生産に使い
probe数をいち早く増やすことが重要となる。

《偵察》
基本的には一直線に相手のベースにprobeを送る。
2人用mapであれば敵ベースに到着するタイミングでraxが建築完了するかどうかという時間になる。
この時敵の2ndが少し視界に入るように移動していればdouble CCの確認ができる。
その場合、自身のgas採取を一段中断し、2ndの建築を急いでもいい。
raxもCCも確認できなかった場合はproxy raxの可能性が高いので警戒する。
この後、gasを取っているかのチェック。
gasがない場合はmarine scv all-inか1rax expoとなる。
できることなら相手の1st内と2ndの裏辺りに追加のraxがないかのチェックをしたい。
marineが出る3:09前後まで偵察を行い、3:20ぐらいに相手の2ndにprobeを送って2ndの有無を確認するのもあり。

gasを取っていた場合、3:09を過ぎるまではprobeでの偵察を続ける。
3:09にmarineが出てこなかった場合は、reaperの生産を行っているのでprobeは帰らせる。
この場合、オーソドックスなゲーム展開になる可能性が最も高くなる。
marineが出てきた場合は、2raxによるMM pushかfacを建築していくオーダーとなる。

gasを取っていて、更にraxの建築完了が明らかに遅い(3:09にmarineを出すことができそうにない)場合、
先gasオーダーとなるのでほぼ確実にfacの建築が行われるだろう。
marineが出てくるまで偵察を続け、reactorの建築をしているのか、facの建築をしているのかを確認する。
この時、facの建築が確認できない場合はproxy facの可能性が非常に高い。

これらの情報からそれぞれに応じた対応を行っていく。
対応方法は要望があって気が向いたら今度書くかも。


vsZ
Mcoreよりも先にWGの開発を優先するオーダーもある。
基本的にはMcore→WG→zealot→sentryと作る。
lingが早い段階から多めに来るようであればsentryではなくzealotの生産を続け、
zealotとMcoreで対応しよう。
この後の基本形も一応記述しておく。

1GW expo 4GW
このオーダーの場合はMcoreよりWGの開発を優先する。
生産はzealot sentryと行い、GWとpylonで2nd前を封鎖する。
Mcoreとzealotで前に出ていき、sentryで道を塞いでおく。
5:30ぐらいにはprobeを前に送り6:00までに前線にpylonの建築を開始したい。
そして6:30までに前線でのzealot召喚を開始できればそれだけで勝てることも多いだろう。(WG開発に2回前後CBをかける)
ちなみにgasはzealotの召喚前後まで1gasのままである。
相手に3rdがない場合は攻めるのは難しい場合も多いが一度プレッシャーをかけることを推奨する。

1GW expo SG
2ndの壁を3GWではなく2GW+forgeで塞ぎ、SGを建てる。
gasは壁を作る前後で2gasにしたい。
ここからの流れはoracleでハラスをするパターンやvoidを利用して3rdを早めに取るパターン、
他にもphoenixで牽制をしたいくパターンと多岐に渡るので割愛する。

《偵察》
2人用mapの場合、偵察に行ったタイミングで既に2ndの建築が始まっていた場合、先HATとなる。
筆者はここからgasの採取をやめ、forgeを建築してcannon rushをしていく。
このタイミングでlingとすれ違った場合は6~8poolとなるのでzealotの生産を急ぎ、Mcoreもできるだけ早く作る。
GWではzealotの生産を続け、zealot Mcoreの編成で2nd確保を目指す。
そのまま4GWに向かうのもあり。

偵察ではpoolの完成タイミング、gasの有無、lingが作られているかを確認する。
詳細は気が向いた時にまた今度。



基本的なGW expoは以上となる。
他にも15/18で2gasを建築し、gasをそれぞれ2体ずつ合計4体で掘らせて2ndに行くパターンも存在する。
また、偵察の有無も人によっては異なるので自身の好きなパターンを取っていこう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

nazomen

Author:nazomen
StarCraftに関する日記を書いていく予定です。
大半が愚痴とかぼやきで埋め尽くされるかも。
稀にHPに載せれるほどまとまってない戦術に関することとかも書くかもしれない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。