スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TCLのルール(日本語訳)等

気合でTCLのルールを日本語訳しておきました。


(1) Groups
Group A
1. StorM
2. Dhc
3. xGking
4. Kamikaze Japan (JP)
5. Nw

Group B
1. Rush
2. aLive
3. Infi
4. NewBlitZ
5. Legacy


試合予定日 : 11/19(土) 12/3(土) 12/8(木) 12/13(火) 12/31(土) 1/12(木) 1/21(土) 2/4(土)


11/19(土) vs xGking

12/3(土) vs Nw

12/8(木) vs Dhc

12/13(火) vs StorM

12/31(土) vs xGking

1/12(木) vs Nw

1/21(土) vs StorM

2/4(土) vs Dhc

ルール

1. 毎試合7人ずつ。最初の3中はBo1、残りの4人がBo3という試合形式。
1~3試合目は+2pt、4~6試合目は+3pt、7試合目は+4ptを勝ったほうが獲得する。

2. 試合はTW/KRサーバーのTCLチャンネルで行う。

3. チームごとに最大30人のメンバーが登録できる。足りない場合、メンバーの追加が可能。
試合の3日前に参加選手名簿を提出しなければいけない。

4. 試合開始5分以内に回線が切れた場合は再試合。
それ以降はレフリーの裁定に委ねる。(再試合の可能性もあり)

5. もし自分のIDが使用不可能になった場合、大会側の許可があるアカウントの使用が可能。

6. ゲームは火曜、木曜、土曜の日本時間午後8時から始まる。

7. 試合が始まった後の選手交代は禁止。
10分遅刻することで1game負け、20分遅刻することで2gameの負けとなる。
(Bo1の場合10分の遅刻で、Bo3の場合20分の遅刻でそのまま負けとなる。)

8. 同じプレイヤーが複数のチームに在籍することは禁止、発覚した場合その全てのチームが失格となる。

9. mapは試合の一週間前に決定される。
map poolはladder、GSL、NASL、MLG、TeSLの中から選ばれる。

10. 全てのゲームのreplay、もしくはVodsが公開される。

11. バグの使用は厳密に禁止される。
使用が発覚した場合、そのプレイヤーは永久除名となる。

12. 暴言、罵声の禁止。
レフリーの裁定により失格となる可能性がある。

13. 日本チームとオーストラリアチームは5つのアカウントを貸し出され、
同じアカウントで複数のプレイヤーがプレイされることが許可されている。
選手名簿に登録の際、どのアカウントを使用するか明記すること。
一つの試合で同じ種族の人でIDを使いまわすことは禁止。
TW/KRサーバーで自分のIDを持っている場合はそのIDの使用が可能。

14. 相手への侮蔑行為やゲームを故意に長引かせる行為は1~5gameの参加停止処分となる。

15. GSL Code A、Code B、official TeSL players、official Tyloo、WE、VA、CCM の選手は参加不可。

16. TCL公式はシーズン中にルールを変更する可能性がある。


進行手順

PM 07:30~07:50
チームリーダーがTCLチャンネルに入りトーナメントの準備をする。

PM 07:50~08:00
レフリーがゲームを作り、プレイヤーと配信者を招待する。

PM 08:00
トーナメント開始。

1試合目 (BO1)
スポンサーCM (3分以内)
2試合目 (BO1)
スポンサーCM (3分以内)
3試合目 (BO1)
スポンサーCM (3分以内)
4試合目 (BO3)
スポンサーCM (3分以内)
5試合目 (BO3)
スポンサーCM (3分以内)
6試合目 (BO3)
スポンサーCM (3分以内)
7試合目 (BO3)

試合終了 (最大15試合 PM 12:00には終わる予定)



試合が12/31にあるというね。
それとmapもある程度決まったようなのでそれも書いておく。
verは不明。


◆マップ
Xel'Naga Caverns
Antiga Shipyard
Metalopolis
Shakuras Plateau
Tal'darim Altar LE
The Shattered Temple
GSL_Xel'Naga Fortress
MLG Daydreak

スポンサーサイト

来季のGSLのシステムについて

来季のGSLのシステムが変わるらしいのでそれについて。

http://img.gomtv.net/img/n_net/gsl_format.jpg
内容は上の通りだが一応言葉にして書いておく。

code-S 32人でスタート
code-A 40人でスタート

最初にcode-Sの試合を始める。(ここは今まで通り4人*8グループのグループ総当り)←code-S ベスト32
各グループ4位の8人がcode-Aに行く。
ここでcode-Aが合計48人に。

次にcode-Aの組み合わせへ。
code-Aは全てシングルエリミネーションによるトーナメント。
一回戦で48人から24人になり(一回戦で負けたこの24人のプレイヤーはcode-B落ち)、
ここにcode-Sのベスト32でのグループ3位の8人が追加され24人から32人になる。
code-A ベスト32で負けた16人のプレイヤーはup and down match行き。

そして次はまたcode-Sの組み合わせへ。
今回からcode-Sのベスト16でもベスト32と同じ形式であるグループ総当りとなる。
このcode-S ベスト16の各グループ3,4位のプレイヤーはcode-Aのベスト16に加えられ、24人となる。
code-S ベスト16の各グループ1,2位のプレイヤー(code-S ベスト8)は来季のGSLでcode-S確定となる。

次にまたcode-Aに移る。
code-A ベスト24でのトーナメントで勝った12人のプレイヤーは来季のGSLでcode-S確定となる。
code-A ベスト24でのトーナメントで負けた12人のプレイヤーはup and down match行き。

up and down matchではcode-A ベスト32で負けた16人、code-A ベスト24でのトーナメントで負けた12人、
更に海外のシード選手2名を加えた、合計30人のプレイヤーを6人*5個のブループに分け、
各グループの上位2名、合計10人が来季のGSLでcode-Sとなる。
各グループの下位4名、合計20人が来季のGSLでcode-Aとなる。

code-Sから8人、code-Aから12人、up and down matchから10人の合計30人と、
MLGの上位成績者等のシード選手2名を加えた32名が来季にGSL code-Sとなる。



ぶっちゃけ文字だとわかりにくいかもw
図と照らしあわせながら文章を読んでわかりやすくなってくれたらいいなーと。
とりあえずまとめることで自分では理解したからよしとしよう。


プロフィール

nazomen

Author:nazomen
StarCraftに関する日記を書いていく予定です。
大半が愚痴とかぼやきで埋め尽くされるかも。
稀にHPに載せれるほどまとまってない戦術に関することとかも書くかもしれない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。