スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大会の反省など

あんまり書く気はなかったんだけど他のブログとか見てたら書きたくなるね。
後、レポート書かないと駄目という時ほど関係ないこと書きたくなる。
とりあえず今までの大会で何を思ってプレイしてたかとか書いていく。
だいたい重要な試合は何考えてたかまで覚えてる。
だから書こうと思ったらちゃんと2009 IEFの試合も書けるんですよ、本当ですよ?

さて、前置きが長くなったけど本題。
まずは12/23の決勝リーグから。




vs kuroa
事前に少しだけ一緒に練習してたからどういうスタイルかとか戦い方とかはだいたい読めてた。
中盤から後半戦を主体に置いた、序盤のチーズは俺にはしてこないだろうと踏まえたうえでオーダーを組んでみた。


1set目 (Metalopolis)
2バラから2ndを確保してゴーストを混ぜたMMで来ると予想。
準備していたオーダーは相手がゴーストで来るならGWユニットの単純な数で押し切ろうと考えた上で
3GWから2nd確保→robo等を捨ててGWのみ建築し、ユニットで押しつぶす形を用意していた。

試合が始まると完全に読み通りで、これはいけるかと内政に目が行ってる隙に戦闘開始。
FFを張ろうとしたところ既にEMPを当てられており何もできずにユニット消滅。
正直この時点でggしたかったけど放送されてることもあって悪あがきだけして投了。


2set目(ScrapStation)
これは少し事前に練習していた。
Adlib氏がsc2jcに書いていたネオコリアンを若干自分流にアレンジしたもの。
これはkuroaは入口封鎖をほとんどしないだろうということと、
MAPがスクラップで封鎖しづらいといったことを踏まえて用意していた。

試合はストーカー着弾までは予定通り進んだ。
若干プローブの操作などでミスをしていたが許容範囲内ということにしておく。
そしてストーカーだけで決まらないのもある程度予想していた。
ユニットだけで対応しようとした場合まずこちらが勝つが、SCVも動員されると少しきつくなる。
ただこの辺りはashと練習したことで理解していたし、
相手のSCVを減らすことができればそのあとの伸びで勝てるということも知っていた。
個人的に好きなDTを使いながら無事勝利を収めることができた。


3set目(Xel’NagaCaverns)
これは1set目のリベンジをしようと思っていた。
同じ組み立てで戦おうとしたが、相手が2ndへのプッシュと同時に1stへリーパーを送っており、
そこでプローブが死に過ぎてしまい完全に遅れてしまい数負けしてしまい投了。


vs breek
正直vsT以外なにも考えてなかった。

1set目(SteppesOfWar)
一応練習でやったことがあるオーダーで行くことにした。
1voidで時間を稼ぎながら2ndから大量のGWユニットでプッシュするというvs kuroaと同じような戦い方をすることに。

流れ自体はほぼ予定通り。
犬が1stベースの中に入ってくるのはミスだったけどなんとか許容範囲内の損失にとどめた。
攻めるところまでは上手く組み立てられていたが、sentryの使い方を全体的に失敗してしまい押しきれずにカウンターでgg。
2ndのプローブを戦わせないで1stに逃がし、2ndを捨てて1stの坂を使えば立て直しができたかもしれない。
voidなんてなかった。


2set目(Metalopolis)
マクロオーダーから普通に戦おうと思ってた。

6poolとかに関しては対処法はわかってたから特に問題はなし。
封鎖して守る予定だったから最初の偵察プローブは隠しておくということは意識してた。
最初のプッシュを守った後はvoidでいけば余裕だと思ってた所にガスハラスをやられてしまい急遽4GWに変更。
サプライストップのミスも少しあったがユニットの操作などで押し切り勝利。


3set目(Xel’NagaCaverns)
これもマクロオーダーで行く予定だった。

実際にゲーム中も戦い方に迷ってた。
ただなんとなくでフェイクガスからの4GWへ。
ガスはOLに見られることも考慮して掘るガスの調整なんかはチマチマしてた。
相当久しぶりに4GWプッシュをしてみたけど意外と上手くいって良かった。
ゲーム終了後無茶苦茶嬉しかった記憶がある。



vs nanasi
だからvsT以外なにも考えてなかったんだって。


1set目(Xel’NagaCaverns)
この試合も開始した後ですら何をするかに迷ってた。

結局roboを早めにしていくきながら相手に合わせたスタイルで行こうと考えてた。
偵察で4GWに気付くことができたので芋を出しながらじっくり対応しようとした。
しかしそこで悲劇が。
「not enough pylon」
34/34で止まることが何故か多い俺。
2体目のsentryが作れなかったせいでFFが使えず丘上に上がられた時点で終わってた。


2set目(ScrapStation)
一応これは用意してたオーダー。
vs kuroa戦で使ってしまったけど二人に使おうと思ってたからそのまま強行することに。

一応流れ自体は普通にできていたがユニットを作る辺りで大きなミス。
前線に置いていたプローブをスナイプされてしまい相手の坂下にpylonを建てることができなくなった。
これは俺のプローブコントロールが甘かったとかのミスもあるけどnanasiさんが上手かった気がする。
こっちの戦い方を偵察から確認してしっかりと相手の嫌がることをしていくというお手本のような形だった。
前線のプローブ死んだ時点でggしたかったけど一応戦ってみて数負けして投了。



正直勝つ気というか勝てる気がしてなかったんだけどなんとかプレーオフ進出できた。
Bisuの試合に集中したいのでプレーオフはまた今度。
スポンサーサイト
プロフィール

nazomen

Author:nazomen
StarCraftに関する日記を書いていく予定です。
大半が愚痴とかぼやきで埋め尽くされるかも。
稀にHPに載せれるほどまとまってない戦術に関することとかも書くかもしれない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。